【ブログの更新2013No.17】

担当:伊藤   『 eyeloveフィッシング⑩ 』 こんにちは(^3^)/ CSC中部視力センターの伊藤です。 みなさ~ん!新緑輝く5月。風薫る5月。とても気持ちの良い季節になりました。 新緑が美しい海岸線 今回はブリを狙って日本海でジギングを楽しんで来ましたので紹介します。 ジギングとは? カラフルにカラーリングされた鉄の塊(メタルジグ)にさまざまなアクションを加えて小魚に見せかけて大物魚を釣る方法です。 カラフルなメタルジグ さぁー午前8時に京都府の舞鶴港から若狭湾へ出航です。 左手に丹後半島を見ながら1時間ほど走ると経ヶ岬沖のブリの1級ポイントに到着です。 他の游漁船 鳥山発見!! 鳥山とは? 大型魚に追われて海面まで逃げた小魚を空から海鳥が捕食するために群がってくることなんです。 …ということは鳥山の下では大型魚が釣れる確立がグーンとアップするので游漁船が競い合って鳥山に急行するんです。

鳥山の中の游漁船

写真には撮れませんでしたがボイルと言って海面が沸騰したように白泡で盛り上がる光景は凄まじい限りです。 そんなボイルも一瞬のうちに消滅して穏やかな海に戻ります。 海底からアクションを加えながらリズミカルに巻き上げると…きたぁ~! 45㌢と50㌢のハマチのダブル(^^)v さらに…きたきたぁ~!! 70㌢のワラサですv(^^)v ブリと言いたいんですがブリとは呼べないんです(T_T) ※一口メモ   ブリは成長段階で名前が変わる代表的な出世魚で関東では20㌢前後のものをワカシ、40㌢前後でイナダ、60~70㌢でワラサ、それ以上をブリと呼びます。   関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリと地域によっても呼び名が変わるのも面白いです。   ちなみに京都ではマルゴと呼ぶそうです。

午後5時30分、ストップフィッシング。約8時間にわたるバトルが終了しました。クーラーの中はお土産でパンパン。それ以上に腕はパンパンでした^ロ^;

THE  END (ρ_-)ノ百聞は一見にしかず(◎-◎;) メニコンの新しいワンデーレンズ…それはマジックです。 一度、当店で見て体験してください。